ご案内

概要

平成26年9月に、世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われるなど、世界的に再生医療技術は注目されています。

再生医療は、これまで有効な治療法のなかった疾患の治療ができるようになったり、新しい美容が可能になるなど、幅広い分野で期待が高い一方で、新しい医療であることから、安全性を確保しつつ迅速に提供する必要があります。

このため、日本政府は、平成26年11月に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と併せて、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を施行し、再生医療等の安全性の確保に関する手続きや細胞培養加工の外部委託のルール等を定めました。

平成31年4月には省令が改正されております。

令和再生医療委員会は、この法律における認定員会として活動すべく現在許可の申請中です。